2010年02月06日

<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)

 米国のキャンベル国務次官補は2日、東京都内の米国大使館で記者会見し、国際結婚破綻(はたん)に伴う子どもの連れ去りが多発している問題に関し、「この問題が解決されないことは大きな懸念になりかねない」と指摘し、「国際的な子供の奪取に関するハーグ条約」に日本が早期に加盟するよう求めた。

女子中学生2人にわいせつ行為、巡査長逮捕(読売新聞)
関学大入試で出題ミス、全員を正解へ(産経新聞)
<普天間移設>中旬にグアム基地視察へ 政府・与党検討委(毎日新聞)
自民、小沢氏喚問も視野=首相発言の「軽さ」も追及(時事通信)
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大、継続審議に(医療介護CBニュース)
posted by タケイ タツヒコ at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雅子さま「良くなられた」…東宮職医師団(読売新聞)

 適応障害で療養が続く皇太子妃雅子さまの病状について、東宮職医師団は5日、見解を発表した。

 見解は最近の状況について、「ストレスを感じ悩まれることがあっても、比較的早く立ち直れるようになっている」と説明。長い目で見ると大きく改善したが、公務などの活動の幅を広げるにはさらに時間が必要とし、外国への公式訪問については「負担が大きい」と否定的な考えを示した。

 現在の医師団は2004年6月に治療を開始した。見解は「(当時とは)較(くら)べられないほど良くなられた」と評価する一方、今後公務を増やすことには、「過分の負担とならないよう配慮が必要」と慎重な姿勢を示した。

 「今後の展望」の中では、回復に向けたカギとして、「十分時間をかけ、ライフワークとなり得る活動を見つけることに力を注いでいただきたい」とし、私的な海外訪問であれば「治療の面からも効果的」とした。

 雅子さまは03年12月に帯状疱疹(ほうしん)を発症。04年、「ストレスを主因とする適応障害」と診断され、以来、長期療養が続いている。

福岡の贈収賄、贈賄側の前事務局長を逮捕(読売新聞)
警官発砲で負傷の男逮捕=車で突進、殺人未遂容疑−愛知県警(時事通信)
子ども手当満額、可能性探る…野田財務副大臣(読売新聞)
<橋下大阪知事>運営不振の府立高に「撤退ルール」(毎日新聞)
NHK「無縁死3万人」に大反響 「他人事とは思えない」コメント殺到(J-CASTニュース)
posted by タケイ タツヒコ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。